Experience in life is Asset

【米国株】10-Kの見方、読み方~AT&Tを例に~

2020/02/04
 

Sponsored Link




Sponsored Link




この記事を書いている人 - WRITER -
xpelife
読書家 兼 経済人。 自分の経験・知見、考えていること、感じ取ったことを資産として、残していきたいと思います。

EDGARにファイリングされている10-Kを見てみようにも、日本語のサイトで読み方を紹介しているサイトを見つけられなかったので、自分なりに10-Kを読み込みつつ、読み方を紹介しようと思います。

10-Kを読む材料として、米国株の高配当銘柄として知られているAT&T(TICKER: T)の2018年12月期の10-Kを例に使います。

 

10-Kの構成

10-Kは日本の有報と同様に構成が決まっており、どの企業もあらかじめ定められた構成にしたがっています。ただ、どのような構成かわからないと読み解きようがないので、一つずつ紐解いていきます。

10-Kは、Part IからPart IVの4部構成となっています。なお、AT&Tという大企業にも関わらず、全部で22ページ程度です。(そのからくりは後程説明します。)

 

Part I: 企業概要、事業の状況、設備の状況

Part Iには、有報でいうところの、”第1 企業の概要”、”第2 事業の状況”、”第3 設備の状況”が中心に記載されています。

 

ここから先をご覧になられる場合は、noteにアクセスください。

https://note.com/xpelife/n/n1619eed4d807

Sponsored Link




この記事を書いている人 - WRITER -
xpelife
読書家 兼 経済人。 自分の経験・知見、考えていること、感じ取ったことを資産として、残していきたいと思います。

Sponsored Link




Sponsored Link




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 人生経験は資産!!書評・企業分析等 , 2019 All Rights Reserved.