Experience in life is Asset

【マイアミ】シェラトン・マイアミエアポート・ホテルがコスパ最高で便利

2019/11/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
xpelife
読書家 兼 投資家。 自分の経験・知見、考えていること、感じ取ったことを資産として、残していきたいと思います。

正直、日本からわざわざマイアミに行こうという人は多くないと思います。直行便が飛んでおらず、必ずどこかで経由するため、少なくとも、片道17時間程度は要します。日本から遠く彼方に位置するマイアミに行く目的の多くは、以下のいずれかだと思います。

  • カリブ海クルーズ・カリブ諸国への旅行
  • Ultra Music Festival
  • 米国不動産投資

マイアミでのどのようように過ごすかによって、どのあたりのホテルを予約するか変わってくると思います。

日本からマイアミに最短時間で行こうとすると、エアラインにもよりますがマイアミ着は夕方~深夜、マイアミ発は早朝というハードな移動スケジュールが半ば強制的に組まれてしまいます。特に最短時間で日本に帰ろうとすると、マイアミ空港を朝6時発(あるいは7時発)にしないとなりません。

マイアミのダウンタウンに位置するハイアットリージェンシーも捨てがたいですが、21時くらいにマイアミ空港に着く場合は、コスパ・移動の観点からシェラトン・マイアミエアポート・ホテルを推したいと思います。

空港-ホテル間の無料のシャトルバス(24時間運行)

マイアミ空港とシェラトン・マイアミエアポート・ホテル間で、無料のシャトルバスが24時間、運行されています。(夜~早朝は30分間隔で運行されています)

空港からシャトルバスに乗る際は、アメリカン航空の出発カウンターの目の前の出口(5番出口/ Door 5)を出たところがバス乗り場となります。バス乗り場らしき看板は出ていませんが、同じような旅行客が並んでいますし、シェラトンはアメリカン航空のステイ先でもあるので、パイロットや客室乗務員も普通に並んでます。私たちはデルタ航空を利用したので、Door 22くらいのところからスーツケースを転がしてDoor 5まで10分ほど歩きました。(アトランタ経由で21時頃にマイアミ空港に到着したのですが、マイアミ空港のほとんどのお店は21時に閉店するため何も買えずに、シャトルバスを目指しました。)

シャトルバスは、濃い緑色でシェラトンのシンボルともいえる”S”のマークが入っていますので、乗り間違えはないと思います。

部屋に入ると・・・

SPG AMEXカードを持っている方ならば、デフォルトでゴールドエリートのステータスが付与されていますので、軽食のボックスとペットボトルがデスクの上に置いてあると思います。リンゴ、チップス、シリアルバーが入っていました。

私たちはこれだけでは物足りず、結局、ホテルの売店で軽食を買い足しました。ヨーグルト1個が7ドルなので、ホテルプライスな値段な気もしましたが、量が多く、2人でぴったりな量ですので、1人あたり3.5ドルと思えば、少し高いけど払ってもいいかなという感じです。

後で知ったことですが、プライオリティパスを使えば、マイアミ空港のレストラン(AIR MARGARITAVILLE)で、1人28ドルの割引を受けることができたようです。

 

ホテルラウンジ

到着日はホテルラウンジの利用について案内されなかったのですが、帰国前日にも同じホテルを利用した際、ラウンジ利用が可能なことを教えてもらったので、利用してみました。(なぜ、利用できたのか、今でもわかりませんが。)ラウンジからは、ゴルフ場を臨むことができ、周りに高いビルがないため、見晴らしがいいです。

ラウンジに入って右手に軽食・サラダバーのコーナーがあり、時間帯によって出ているものが違います。昼過ぎですと、フルーツ程度しかありません。

夕方になると、フルーツが置かれていたところには、ビーツのサラダとタマゴサラダが並べられていました。常備してあるパックに詰めて部屋に持ち帰ることもできるので、私たちは、トーストとタマゴサラダでサンドイッチにして、コーヒーと共に部屋に持ち帰りました。

ホットミールは、サモサ?と春巻きの2種類だけでした。

時間帯や曜日にもよるかもしれませんが、私たちが利用した日曜日の午後は貸切状態でした(夕方に夜食用としてサンドイッチを作りに来ましたが、その時も2~3組しかおらず、静かに過ごすことができます。)なお、ノンアルコールは無料ですが、アルコールは有料です。

マイアミ仕様のペプシ

 

帰国前日の過ごし方(ドルフィンモールへ)

シェラトン・マイアミエアポート・ホテルから、1人10USD(往復料金)ですがドルフィンモール(アウトレットモール)行きのシャトルバスがホテルから出ています。

ドルフィンモール(アウトレットモール)については、シャトルバスの時刻表含め、別の記事で書こうと思いますが、帰国前日に特に何もすることがないならば、掘り出し物に出会えるかもしれませんし、セール品が多いので、時間潰し&買い物におススメです。私たちは午前にホテルにチェックインしようと思いましたが、部屋の準備ができていなかったので時間潰し程度にでも、と思って、モールに出かけました。気に入ったものが、思いもよらず結構安く売られていたので、それなりに買ってしまいました。

 

帰国時の早朝の動き方

シェラトン・マイアミエアポート・ホテルから空港行きシャトルバスに乗る際、夜~早朝の時間帯は、00分, 30分の30分おきに出発します。空港には2時間前に着いておかないと!という感覚を持っていますが、6時出発の始発便であっても、デルタ航空のバゲージドロップ(荷物預け)の開始は4:30からですので、4:00にホテルを出発するシャトルバスに乗れば十分ゆとりを持てます。

他にも同じようなホテル客がホテルのラウンジでバスを待っていますし、早朝チェックアウトするにしても、レセプションに従業員がいますので、問題なくチェックアウトできます。

なお、マイアミ空港からデルタ航空でアメリカ国内線を利用する際、ゲートはコンコースHを使用することになるかと思います。デルタのスカイラウンジは、セキュリティチェックを出てすぐのところにあり、しかも、コンコースHに入る直前にあります。(入り口が目立たないので、要注意。オープン時間は5:00です。)

6時出発の場合、5:20頃から搭乗が始まりますので、帰国時早朝のタイムスケジュールの一案です。

  • 3:50 ホテルチェックアウト
  • 4:00 シャトルバス乗車
  • 4:30~ バゲージドロップで荷物預け
  • ~ 5:00 セキュリティチェック通過
  • 5:00 ラウンジにて、軽食、コーヒー、オレンジジュースを素早く摂取。綺麗なトイレで用を足す
  • 5:20 搭乗開始

マイアミ空港のデルタスカイラウンジについては、別の記事をご参考ください。

どうでもいい経験

オレンジジュース。日本では、オレジューと略す人もいますが、アメリカでは、オージェ―と呼んでいる人がいました。Orange Juice。確かに、OJ(オージェ―)ですが、いきなり、「オージェ―飲む?」というようなことを英語で言われて、頭が???となりました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
xpelife
読書家 兼 投資家。 自分の経験・知見、考えていること、感じ取ったことを資産として、残していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 人生経験は資産!!書評・企業分析等 , 2019 All Rights Reserved.