Experience in life is Asset

駐在生活:日本から持参不要の食料品。現地調達・代替可能なものは船便で運ぶ必要なし

2021/08/08
 

Sponsored Link




Sponsored Link




この記事を書いている人 - WRITER -
40代の読書家 兼 エコノミスト。 普段、マネーに世界中をさせています。ブログでは、おカネ(投資)とホン(書評)とタビ(旅行)についてまとめていきたいと思います。「いいね」を押してくださったり、ツイートしてくださると励みになります。 よろしくお願いします。

海外駐在の辞令が渡されると、駐在のしおりとか、駐在マニュアル、海外赴任安全のしおりとかいろいろと渡されるかと思いますが、そういったものには一切載っていないであろう、でも、重要なことは食料の現地の調達事情だと思います。駐在先がいくら先進国だったとしても、日本で慣れ親しんだ食料が現地でも手に入るかどうか、手に入るとしても値段はどのくらいか、などなど。

いざ、船便で発送しようにも、重いし、嵩張るし、冷静に考えると、日本からはるばる海外に運ぶには見合わない食料も多くあります。

ここでは、私が住むドイツの話ですが、現地で代替可能・調達可能(つまり、日本から持ってくる必要なし!)の食料品をいくつか紹介します。

麦茶

夏になると、ごくごくと飲みたくなる麦茶ですが、基本、麦茶そのものは手に入りません。ただ、麦茶は、ネスレが出しているCaroで代用できます。ヨーロッパをはじめ、ニュージーランド、オーストラリアのスーパーでも入手可能です。なお、アメリカでは、”Pero”という名前で売られています。ドイツでは、ReweやRealなど多くのスーパーで買うことができます。

Caroは代用コーヒーの位置づけで、コーヒー豆ではなく、大麦などから作られているということもあるので、もう麦茶です。

飲み方は、薄めに水に溶かすだけで麦茶風味になります。ちなみに、ノンカフェインです。

気になる値段は、200g入りで約3ユーロです。たまにセールの対象になります。

 

パン粉

揚げ物はしないからパン粉は不要という方も多いかもしれませんが、ドイツでは、初めからキッチンにオーブンが備え付けられている物件が多いです。日本の家にはなかったオーブン。時間もあるし、何かオーブンを使ってみたいというときに、鶏肉にパン粉をまぶして焼くなど、手軽にできます。(オーブンに放り込むだけでいいので、我が家では、冷凍ピザ・野菜・フライドポテトを放り込んで放置、という晩御飯も多いです。)

話が脱線しましたが、パン粉はドイツにありますし、おそらく他の国にあると思います。その名も、”Panko”なので、スーパーでも迷わないと思います。140gで約1.3ユーロです。ドイツでは、ReweやRealなど多くのスーパーで買うことができます。

 

片栗粉

しょっちゅう使う機会がないけど、海外で手に入るかわからないものNo1に上がるであろう片栗粉。とはいっても、和食でとろみをつけたいときなど、いつも片栗粉にお世話になっています。

ドイツでは、Kartoffelmehlという名で売られています。しかも500gで約1ユーロ。わざわざ、日本からの船便に入れる必要はありません。ドイツでは、ReweやRealなど多くのスーパーで買うことができます。

 

焼きそば

たまに、無性に食べたくなる焼きそばですが、これもドイツで手に入ります。

しかも、天下の日清食品、日清焼きそばですので、安心感もあります。袋めんは、1食約70セント手に入ります。ドイツでは、Reweで見つけることができました。なお、カップ焼きそばもあります。種類はシーフード、チキンなどです。他にも種類があるようですが、私は見たことがありません。

Advertisements

 

ラーメン(出前一丁)

まさかの出前一丁も海外で手に入ります。ドイツでは、袋めんが1食約70セントです。なお、カップヌードルも売られていますが、1食約1.1ユーロです。

お米

リゾットなどでも食されているように、もちろんヨーロッパでもお米を栽培しています。日本米を栽培しているかどうか気になるかと思いますが、しっかりと栽培しています。

ヨーロッパではスペイン産あきたこまちの”みのり”(10kg、42ユーロ)や、イタリア産コシヒカリの”ゆめにしき”(10kg、45ユーロ)がメジャーです。値段は少しだけゆめにしきの方が高いものの、風味は、ゆめにしきのほうがはるかに良いです。

みのりよりも、ゆめにしき!

一度、ゆめにしきを食べたら、みのりは臭くて食べられません。(個人的な感想ですが)

車がないと、持って帰るのが大変かと思いますが、日本食スーパーマーケットがオンラインで販売もしていたりするので、そういったネットスーパーでも手に入ります。

 

船便の注意事項

海外の生活は食料事情の勝手が違ってくるし、日本に気軽に戻れる環境でもなくなるので、家財等を送る際、船便に食料品も詰めたくなると思います。特に、調味料類。私たちも、イトーヨーカドーなどのスーパーのオンラインショッピングやアマゾン・楽天で諸々、5万円分以上の食料品を事前に買い込みました。

食材だけで段ボールにして4箱にもなりました。

海外引越において、避けて通れない難所は税関です。税関で没収されるリスクもあり、引っ越し会社はリスクを恐れて、また、そういったリスクを回避したがり、食料を極力詰めないように言ってきますし、段ボール2箱まで、と言ってきたりもします。ただ、おいそれとは日本に戻れない事情もあるので、私たちは段ボール4箱分をごり押ししました。税関で没収された際は、やむなしと思いつつ。。

結果として、1箱も、1つも没収されることはありませんでしたが、没収されるリスクがあることを肝に銘じて、無事に通過すればラッキーと思った方がよいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。”ツイート”や”いいね”を押してくださると励みになります。

Sponsored Link




この記事を書いている人 - WRITER -
40代の読書家 兼 エコノミスト。 普段、マネーに世界中をさせています。ブログでは、おカネ(投資)とホン(書評)とタビ(旅行)についてまとめていきたいと思います。「いいね」を押してくださったり、ツイートしてくださると励みになります。 よろしくお願いします。

Sponsored Link




Sponsored Link




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おカネとホンとタビのはなし , 2021 All Rights Reserved.