Experience in life is Asset

【ストラスブール】Les Mains Dans la Farineは種類豊富なパン屋

 

Sponsored Link




Sponsored Link




この記事を書いている人 - WRITER -
40代の読書家 兼 エコノミスト。 普段、マネーに世界中をさせています。ブログでは、おカネ(投資)とホン(書評)とタビ(旅行)についてまとめていきたいと思います。「いいね」を押してくださったり、ツイートしてくださると励みになります。 よろしくお願いします。

ヨーロッパのクリスマス当日(12/25)は基本的にお店は営業していません。ホテルの予約プランに朝食がついていないと、前日にスーパーマーケットで食材を調達する、中央駅で割高なサンドイッチを買う、くらいしかありません。

ただ、LES MAINS DANS LA FARINEは、12/25、ほとんどすべてのお店が閉まっている中で、朝早くから営業しているベーカリーです。なぜわかるかと言うと、自分の足でベーカリーを数軒巡ってようやく開いているベーカリーを見つけたからです。私たちの12/25の朝ご飯は、このベーカリーに救われたと言っても過言ではありません。

しかも、早朝からパンの種類が豊富です。

基本情報

住所: 16 Rue du Vingt-Deux Novembre, 67000 Strasbourg

営業時間: 月 – 土 6:30 – 20:00、日: 7:00 – 16:00

公式ウェブサイト: https://www.lesmainsdanslafarine.fr/

アクセス

私たちが滞在したMaison Rougeからのアクセスです。中央駅とホテルの中間地点あたりに位置しています。Maison Rougeからは、5分も歩けば着きます。(私たちが滞在したホテルMaison Rougeの宿泊体験記はこちらから)

お店の様子

LES MAINS DANS LA FARINEには入り口が2ヶ所あります。どちらから入ってもパン・スイーツを買えます。左から入るとパン→エクレア・スイーツ→マカロンの順で選べます。右から入るとマカロン→エクレア・スイーツ→パンの順で選んでいくか、あるいはイートインのスペースで店内で飲食するかの違いです。左の入り口から入ると左手にお店のロゴが大きく壁に掛けられています。

パンコーナーには焼きたての、いろいろな種類のパンが並んでいました。どれも美味しそうに見えます。私たちは、クロワッサンとパン・オ・ショコラ(チョコクロ)を買うことが多いですが、このときはパン・オ・ショコラ(チョコクロ)の代わりにアップルパイを買いました。

パンコーナーの隣にある、エクレア・スイーツコーナーに移動しました。ショーウインドウの中には色とりどりのエクレアが並んでいます。ピスタチオ、コーヒー、キャラメルなどなど、です。旧市街を散歩しているとき、エクレアを文字通り食べ歩きしている地元っぽい方が歩いており、エクレアが日常に浸透し過ぎていて、片手で気軽に食べられるスイーツといった感覚だと思います。

Advertisements

下の段には、タルトやマカロン生地のスイーツが並んでいますし、私たちがクリスマスシーズンに訪れたからかもしれませんがブッシュドノエルも置いてありました。(ブッシュドノエルはサイズが2種類用意されており、大人数で切り分けるくらいの大きさと1人分の大きさです。)

最後にマカロンコーナーに来ました。フランスと言えば、マカロンを忘れてはいけませんね。いろいろなフレーバーのマカロンが陳列されていましたが、朝ご飯目的でパン屋に入って、まさかマカロンが置いてあるとは思いもしなかったので、このお店ではマカロンを買いませんでした。

結局、クロワッサン、アップルパイ、エクレアの3点で会計をしましたが、全部で5€です。2人分の旅先の朝ご飯なのでお手頃といった感じかと思います。オレンジジュース、ヨーグルト、バナナは前日の日中に街のキオスクで調達しました。ホテルの部屋での質素な朝ごはんですが、クロワッサンは、日本やドイツのクロワッサンよりも美味しかったです。素材(牛乳とバター)が決め手とはまさにこのことです。(日本のクロワッサンは、そもそもバターを使用しておらず、マーガリンが太宗かと思います。)

アップルパイは、中までしっかりとアップルが詰まっています。エクレアは、見た目ほどには甘さがきつくなかったです。

この品質のパンを毎日食べられるフランス人がうらやましい限りです。

何気なく入ったお店でさえ、しっかりとバターを使ってクロワッサンを作っています。ストラスブールを訪れる際、特に朝食難民になりそうなときは、このお店にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございました。”ツイート”や”いいね”を押してくださると励みになります。

Sponsored Link




この記事を書いている人 - WRITER -
40代の読書家 兼 エコノミスト。 普段、マネーに世界中をさせています。ブログでは、おカネ(投資)とホン(書評)とタビ(旅行)についてまとめていきたいと思います。「いいね」を押してくださったり、ツイートしてくださると励みになります。 よろしくお願いします。

Sponsored Link




Sponsored Link




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おカネとホンとタビのはなし , 2022 All Rights Reserved.